So-net無料ブログ作成
検索選択

α7Ⅱで撮影会(安達有花さん) [撮影会]

突然ですが、中古のα7Ⅱ買いました。

標準ズーム付きだったのですが、画質がμ4/3比でも優位性が感じられなかったので安い単焦点の50mm F1.8を追加しました。

購入理由はE-M1 Mark2を買うための諭吉さんの増員ペースが上がらないのが現実で...

それでもフルサイズの中古なら買えるので、フルサイズというものを体験してみようと路線変更。

私、チョット考え違いをしていた事が判明。

それは「フルサイズ」の画像センサーを使用しているカメラは機能も「すっご~い」に違いないと勝手に思い込んでいました。

α7Ⅱはモデル末期を理解してですが、現有のDMC-G8の方が機能では上です。

一番はタッチパネルではないという事。

次は高感度ノイズがISO1600までが常用範囲(私の感覚は厳しいかも)だったこと。

μ4/3は上限ISO800にしているので4倍は欲しかった。

まぁ次のα7Ⅲでは超えてくるかもしれませんが、あくまでも今はという事です。

0204_01.jpg

今回は続けて撮影会投入です。

モデルさんは初めましての安達有花さんです。

お目目パッチリでカワイイ方で、安達祐実さんか浜崎あゆみさんの系統です。

私むかし、あゆのファンでした。(・・。)ゞ テヘ

μ4/3の換算が2倍なので、絞り感覚も2倍です。

μ4/3:F1.8ならα7Ⅱ:F3.6です。

逆にするとα7Ⅱ:F1.8ならμ4/3:F0.9です。

このF0.9は驚異の数字です。

0204_02.jpg

ピントがシビアで被写界深度が浅い。使いこなすにはそれなりの経験が必要だ。

目にフォーカスを合わせると頬がボケています。

0204_03.jpg

μ4/3の方で素子サイズアップを考えている方は、APS-Cは差がほとんどないので迷わずフルサイズがいいでしょう。

ただしボディは大きいしレンズは高いし、色々負担が増えます。

0204_04.jpg

ではμ4/3が対フルサイズでダメかというとそうではありません。

顔全体を合わせるならF2.8で十分なのでμ4/3ならF1.4でOK。

オリのプレミアムクラスなら解像感もあるので総画素数とISO以外、晴天の屋外なら腕次第で勝負可能です。

それに被写界深度を深くしたいときフルサイズF8ならμ4/3がF4で、それだけシャッター速度を早くできる利点もありますし、小型軽量で機動力に勝ります。

観光地で多荷物は迷惑だし、年取ったら荷物少ないほうがいいよ。

0204_05.jpg

フルサイズのボケ感は強烈です。

0204_06.jpg

レンズ 50mm F1.8 については、安いだけあってフォーカス速度が遅い。

今のμ4/3より遅く、設計の古いLUMIX 20mm F1.7 程度の速度。

しかもコントラストAFみたいに行って戻って行って戻って行って合焦...おそ。

位相差の恩恵が無い。

ボケも玉にならず。

オリの45mm F1.8 がいかにコストパフォーマンスが良いか再確認。

0204_07.jpg

フルサイズと考えると総合的にはこれで良い。上を見るときりがないし。

あとは85mmの安いのでたらいいな。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0