So-net無料ブログ作成

GODOX TT350 を買った [カメラ]

一旦始めたデータ整理はまだ続いてるのでネタがない。

こんな話題に興味はないと思いますがGW前にストロボをポチってしまった。

別に困ってたわけでは無いが作りの良い小型のものが欲しくなったのだ。

で、これ。

安くて機能も良さそうなGOTOXのTT350(O)とXIT-S。

おまけでフィルターとお手入れセットが付いていた。

0519_01.jpg

送信機が思ったよりもっさりした形だった。

0519_02.jpg

X1T-Sはソニー用。このマルチインターフェース端子が気に入らないが仕方ない。

0519_03.jpg

TT350はオリンパス(μ4/3連合のPanasonicも可、ただしハイスピードシンクロはオリのみ可)用。

0519_04.jpg

GN50のストロボと大きさ比較。

0519_05.jpg

拡散板、キャッチライト板も付いてます。

0519_09.jpg

A7R3に付けてもバランス感OK。だけどオリ用なのでTTLは使えません。

0519_06.jpg

送信機を付けるとかっこ悪いかな。でもファインダーを覗くのに問題なし。

なんとこれならTTL使えます。

こういう自由度が日本メーカにも必要だ。ストロボくらい標準化してほしい。

0519_07.jpg

ディスプレイ。バックライトはオレンジ色です。

0519_08.jpg

取説が中国語と英語なのでわかる範囲で書いときます。誰かの助けになれば...

(MODE):モード切替 TTL→M→Multi

(ZOOM):レンズに合わせた焦点距離切替 ZOOMを押した後ホイールで変更しSETで決定。AUはAUTO 設定は24~105mmの範囲。拡散板を出すと14mmになります。

拡散板はきっちり収納しないと設定変更できません。

0519_10.jpg

(SYNC):ハイスピードシンクロ

(SLAVE):スレーブモード切替(Mモードの時=S1/S2)(ワイヤレススレーブの時[A][B][C]グループ切替)

(SYNC長押):ワイヤレスモード切替、ホイールで変更しSETで決定[ワイヤレスマスター]→[ワイヤレススレーブ]→[なし]

nice!(15)  コメント(0) 

何も無いので無理やり写真撮ってきた [カメラ]

いい天気なんだけどGWに始めたデータ整理が中途半端なので続行中。

blogに書く話題もないので買い物ついでに無理やり写真を撮ってきました。

持ち出したのは A5000+16-50mmPZ です。

APS-Cサイズの2000万画素、冷静に考えれば十分な画質です。

0512_01.jpg

どこに行ったかバレてます?

そうビックカメラです。前面USB端子が死んだPCを使うため裏面USB端子に挿す延長ケーブルを買いに行きました。

0512_02.jpg

写真は全てLightroomでフィルム調に加工してます。

使てみて4年前のAPS-C機ISO上限はISO800が限界かな。

最近見たイルコさんの動画でも同じこと言ってたな。いくら高く設定できてもザラザラで使えないからな。

今のAPS-Cがもう少し良くなってたらいいけど。

0512_03.jpg

プリセット使ってるだけですが、かなりフィルムっぽくなりました。

0512_04.jpg

Fujiのカメラを使えば撮って出しでOKなのかな?

0512_05.jpg

A5000を使って思うのは、軽さは正義。

0512_06.jpg

持ち出さないことには撮らないから。

0512_07.jpg


nice!(15)  コメント(0) 

GWの不運とα5000 [カメラ]

GWも終了。何の予定もないのと雨も降ったのでほぼ引きこもり状態だったのですが、せめてデータ整理をしようとパソコンに向かっていたら...

ホイール操作してないのに勝手に下へスクロールする。ためしにマウスのUSB抜いたら止まった。

今使ってるのはロジクールのゲーミングマウスG3。古いですが左右対称で私の手にジャストフィット。ボールマウスの時代からこの形状をず~っと使ってきたのですが全く同じものは現在ありません。

0505_01.jpg

仕方ないので無線のこれを買ってきました。単三1本分でも重くなったのでスグには慣れない。

諦めきれずG3をバラしたらホコリがホイール周辺に綿のように積もっていた。掃除したら復活したのでG3使用続行。

0505_02.jpg


マウスは解決したのですが、データ保存のため外付ブルーレイドライブをPCのUSBに挿すと電力不足のランプが。ドライブの取説見て給電USBをPCに挿しても動作が遅い。そのうち書き込みが停止したのでPCの再起動とかやってみたのですが、結果PCの全面USB端子全滅、内蔵DVDドライブまで動作不能。

どうも外付ドライブの消費電力がこのPCでは供給できなかったようで内部の回路が一部故障したようです。このPCは法人用の小型(ノートPCを筐体に収めた感じ)で内部基板も1枚なので修理と言っても丸替えになりそう。

救いは裏面USBが生きてるので不便ですが使えてます。

0505_03.jpg

故障原因になった外付ドライブも動作が悪いので廃棄です。仕方ないのでヨドバシヘ行って一番安い外付ドライブ買いました。


不運の次はこの前予告した追加カメラ。

SONYのα5000標準ズーム付きを中古購入。レンズが欲しかったのでボディはおまけです。

4年前の機種なのでもっさり動作しますが、試しに撮ってみると「これでい~んじゃね」と必要十分な機能です。

困るのはAFがおそいことかな。コントラストAFのみなのですが、α5000のつぎのα5100が位相差とのファストハイブリッドAFで速度が飛躍的に早くなってるので差が大きい。

でもコントラストAFが遅いと誤解されたら困るので念のためですが、同時期に使用していたE-PM2・DMC-G5なんかこれよりもはやい速度でAF動作していました。SONYと他社ではこの時点で差があったと解説しときます。

今ではPanasonicのDFD技術搭載のLUMIXは位相差と遜色ない速度に進化してます。

0505_04.jpg

画質は2000万画素のAPS-Cサイズ。

標準ズームで撮ったものを等倍切り出しです。

0505_06.jpg

比較のためDMC-GX7 Mk2 μ4/3サイズ。標準12-32mmレンズ使用の等倍切り出しです。

0505_05.jpg

センササイズによる背景ボケは仕様通りでしょうか?16-50mmはもう少し絞ったらカッチリ撮れるかな。12-32mmは被写界深度の差かハッキリ見えます。センサよりレンズの性能差が出てるような気がします。

35mmF1.8とか50mmF1.8を使えば綺麗に撮れると思います。

カメラは持ちだしてこそ。今α7RⅢ使ってますが、APS-C・μ4/3でも十分な気がします。


nice!(9)  コメント(0) 

オリンパスのブリーチバイパス [カメラ]

昨日からGWの連休ですが、何の予定も無いのでダラダラしています。

そこでOLYMUS Viewerをアップデートしました。オリンパスのカメラは、XZ-10(コンデジ)しか所有していませんがRAWで保存できるので今も使ってます。

0502.jpg

数年前にとったE-M10 Mark2のRAWファイルを試しに開いてみると...

なんと新しく追加されたアートフィルターのブリーチバイパスが選択でしました。

ちなみにE-PM2は適用できなかったので全ての機種で使用できるわけではありません。相変わらず古い機種には冷たい感じ。


ではどんな感じになるのか人物で確認。おなじみのえりかちゃんを例にします。

まずはノーマルです。

0502_1.jpg

ではブリーチバイパスTYPEⅠです。

LUMIXにもブリーチパイバイパスあるのですが、似てますね。人物より建物や金属的な物に合いそう。

0502_2.jpg

ブリーチバイパスTYPEⅡです。

ザラザラ感ありますが、フィルム的な雰囲気です。これは人物でも使えますね。

Fujiのフィルムシュミレーションほどではないですが意識したのでしょうか?

0502_3.jpg

スーパーカーでも確認、ノーマルです。

0502_4.jpg

TYPEⅡです。(TYPEⅠは省略)

0502_5.jpg

比較のためLightroomでフィルム調に現像してみました。

0502_6.jpg

意外とTYPEⅡは使えるかも。


これが理由ではないですが、実はオリのE-M5 Mark3発表を待っているのです。

LUMIXのGX7 Mark2は使いやすいしレスポンスもいいしSONYのA7R3は何でも撮れる万能機なんだけど、なんか「しっくり」こない感がしてるのです。

フルフレームにこだわらなければマイクロフォーサーズも良いカメラなんで、身の丈にあってるのかも。

と書きながらお遊びで中古カメラ追加してるんで、また紹介します。

nice!(12)  コメント(0) 

ヨドバシのポートレートセミナー行ってみた [カメラ]

ヨドバシカメラで前から告知されていたポートレートセミナーを見に行ってきました。

いつもの観光・記念的写真から脱皮するための何か参考になればと思っていました。

0414_1.jpg

内容は期待したものではありませんでしたが、基本的な

・光を読む

・今は横位置構図、日の丸構図もあり

・撮影後の確認

さわり程度の、しかし再認識できるお話はありました。

店内とはいえライティングは準備され綺麗に撮影されていました。


上手くなるには「考えて撮る」以外無さそうです。


nice!(12)  コメント(0) 

神レンズ M.ZUIKO 45mm F1.8 [カメラ]

毎日寒く最近写真を全く撮ってなかったのですが、今年2回目のポトレに行ってきました。

まだ整理していないので次週公開予定です。

それにしても寒いの理由に今年は撮影ペース激減。去年は1・2月で5回行ったのに今年は2回。

モチベの落ち込み方が激しいのですが、久々に撮ると楽しいのでボチボチやっていきます。


そんなポトレをマイクロフォーサーズで始めて、初期に買った単焦点が 25mm と 45mm でしたが、この45mmが私の神レンズになりました。

45mm F1.8はフルサイズ換算で90mm F3.6相当で、一般的なポトレレンズと言われる85mmよりはチョット長いですが、被写体までは程よい距離で撮れます。


それにマイクロフォーサーズは被写体深度が深いですが、F1.8(F3.6相当)は初心者の私には使いやすいものでした。これでも斜めから顔アップで左目に合わせると右目がボケてるので世の評価のボケないなんて事はありません。

初心者はポトレならF1.8解放オンリーで構図と露出補正に集中すれば結構撮れます。

私自身が良いと思った写真はほとんどこのレンズで撮れたものでした。

しかもお値段手ごろで軽量。

0210_01.jpg

このレンズの一番いいところは点光源をぼかすと丸になる所。

一年半前に撮った写真ですがどうです。

0210_02.jpg

次はボケ具合の違う2枚を比較。

0210_03.jpg

ビルの窓明かりなんか綺麗でしょ。

0210_04.jpg

こんなの撮れたら手放せなくなります。

そんなこんなでマイクロフォーサーズはまだ手放しません。

nice!(12)  コメント(0) 

DMC-GX7 Mark2 [カメラ]

今回も報告なんか不用かもしれんけど、寒くて引きこもってたのでネタ無いんで。
α7RⅢを買う決心をした私は、マイクロフォーサーズ全処分してEマウント化...
はやめて、私の神レンズ45mmF1.8を残して費用を捻出する方法に舵を切ったのです。
ここまで先週のblogに書きました。
さて完全にスイッチが入った私は、冷淡な判断ですが「PEN-F」も売却。
カメラのキタムラでGX7 Mark2オリジナルセットを買い。付いてきた25mmを下取りに出すと
PEN-F下取り価格+25mm下取り価格-DMC-GX7 Mark2=お金チョット残った
こうしてマイクロフォーサーズは価格のこなれた機種に変更となりました。
レンズも数本処分しましたが、標準ズーム3本・単焦点3本を残しているのでシステムは維持しています。
Lumixの使いやすさは相変わらずでしたがファインダーが安っぽいのがマイナス点。
G8と同じくらい見えるたら良かったのですが、あるだけましですね。
0127_01.jpg
機能に不満はありません。手振れ補正も顔検出も十分効いています
0127_02.jpg
過去にGX7を使っていたので、フィーリングを思い出しました。
0127_03.jpg
残念なところは、標準ズームキットではリヤレンズキャップとボディキャップがついてないこと、USB充電できるのでバッテリー充電器が別売りです。
キャップだけ追加で買いました。
マイクロフォーサーズはシグマからレンズが出そうなのでまだまだ楽しめそうですね。
作例は...すでに撮影会「吉川舞さん」に投入済です。この時は全てDMC-GX7 Mark2で撮っています。
レンズは12-32mmと45mm F1.8で撮っています。
2017年最高の写真?は45mm F1.8です。

nice!(12)  コメント(0) 

α7RⅢ [カメラ]

「奴はとんでもないものを盗んでいきました」

「あなたの心です」

テーマ曲の「炎のたからもの」が流れて...

毎回見てしまう。

ルパン三世「カリオストロの城」


一夜明けた今日は買い物以外に用事もないので、前回記事のカメラ機材更新報告です。


いや、報告なんか不用かもしれんけどネタ無いんで。


実は2017年最後の記事のカメラ写真はもう新装備だったのですが、気づかないと思います。

だって形ほとんど同じやし。


α7を使いだして、もうマイクロフォーサーズ全部処分してEマウントで行こうかと思ったのですが、私にとっての神レンズ45mmF1.8を手放すのがおしくて。


中途半端ですがボディ全部とマイクロフォーサーズのレンズを4本下取りに出してα7RⅢとマイクロフォーサーズレンズキットを買いました。(追い金発生したのでお小遣い減額中です)


今回はα7RⅢの紹介です。


RⅡは3年前の発売なので機能的には完全に遅れていて、以前使っていたDMC-G8と比べても見劣りするところがありました。

RⅢは3年分を一気に詰めて使いやすさもUPしていますが、惜しいのは「あれば便利なボディ内Raw現像」が無いことですかね。

他社と比べても仕方ないけどオリンパスなんか下位機種のE-PM2・E-M10 Mk2やコンデジのXZ-10にも付いてるのに。

あとRaw保存だとピクチャーエフェクト使えないんだよね。

これもオリンパスは出来ます。

ファームウェアのアップデートで何とかならんかな。


0120_01.jpg


フォーカスレバー付きましたが、これはレフ機で慣れてた人には良いんじゃないかな。

私はタッチパネルAFでなれてて、ピンとこないのです。

使い勝手を比較してもパナのタッチパッドAFよりメッチャ良いわけでもないので。


0120_02.jpg


全体のレスポンスは良くなったのは感じます。操作で旧機種みたいイライラしない。

FnにAPS-Cクロップが設定できるようになったのは良い。単焦点55mmが82.5mm(1800万画素)に切替えて使える。


0120_03.jpg


カードスロットは2つになったけど、これは初めてなのでどう使おうか検討中。

同じカード2枚買った方が良いのかな。今は手持ちの64GBと32GBを入れてます。


0120_04.jpg


総合的には11。間違えた。

良い。

GH5やE-M1 Mk2と大きさは同じ程度でフルサイズ。

35mmとの組み合わせなら威圧感与えず撮れそう。


作例は...前回記事の撮影会で既に使ってますので今日は無しで(ーー;)


nice!(15)  コメント(0) 

「使って知ったパナ・オリ・SONYの違い」 [カメラ]

約一年ぶりの「違い」シリーズ。

そもそもLUMIXから始めた私は数社のカメラを使いましたが、中でもLUMIXのGシリーズが使いやすいと思っています。

その中でもタッチパネルを使ったフォーカス移動が他社より動作が滑らかで指で触った時のタッチパネルの反応も良いと感じています。


早速動画で動作状態を確認です。


オリンパスはフォーカスポイントを移動するのでコ・コ・コ・コって感じ。



SONYはココココって感じです。ただおおよその位置には移動できますが細かい移動はチョット難しい感じ。



ファインダーの方式が古い機種なので虹色になっていますが、最新のG8・GH5は綺麗です。

Panasonicのフォーカスエリアはヌ~~~~~って感じ。

細かい移動も狙い通り。タッチパネルの反応が本当に良い。



オリのE-M10 Mk3 とSONYのα7RⅢはずいぶんよくなっていますがLUMIX感覚まではもう一息です。

センササイズも違うので選択条件にはならないかもしれませんが、同じ機能でもメーカによってフィーリングは異なります。

という情報です。


nice!(11)  コメント(0) 

ミニ三脚 Balckcase を購入 [カメラ]

外でちょい撮りするのに、このミニ三脚を使っていましたが、α7には強度不足。


1014_08.jpg


足を伸ばせるのが良いところですが、揺れる。


1014_09.jpg


アマゾンで見つけたこれを買いました。どこかのメーカにそっくり。


1014_01.jpg


足の付け根のリング位置で開く角度が変わります。


1014_02.jpg

1014_03.jpg


こんな感じです。


1014_04.jpg

1014_05.jpg


90度に曲げることもできます。


1014_06.jpg


雲台と足が外れます。


1014_07.jpg


延長ポールと組み合わせるとスタンドポッド的にも使えるかも。



nice!(10)  コメント(0)